スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詰将棋解答選手権

詰将棋王を決める熱い戦いが、今年も行われたようです。

詰将棋解答選手権ブログ

 詰将棋を解く能力というのは必ずしもプロの方が上とは限らないので、過去にもアマチュアの方が優勝したケースもあり、個人的に誰が優勝するのか気になってました。

 優勝は、なんとまだギリギリ小学生の藤井二段。凄すぎ。


 因みに天野は過去に詰将棋選手権でMAX20位ぐらいになった事があって、あの頃は展開が向けば優勝できるんじゃないかと錯覚していたのでよく詰将棋パラダイスの大学と大学院を解いていました(笑) 今でも詰将棋はたまに解くんですが、どうもポンコツすぎるというか解いていてキレを感じなくなったのでプレーヤーとしては逃亡。

 代わりに今年から弟子に詰将棋王になってもらおうと強制出場させたんですけど、驚愕の100点満点中2点(笑) 問題は見ていませんけど2点という事は1問も解けていないので寧ろどうやって2点ゲットしたのか謎すぎますけど、とりあえず鉛筆を動かして3時間無事起きていたみたいなので、今回だけは許してあげます。
スポンサーサイト

天野=競走馬


今日は三段リーグ編入試験で不合格になって以来、久々に将棋を指しました。
 

しばらくぶりのせいか反応が鈍くあまり良い内容ではなかったけれど、強いアマ強豪の方と数局指せて情熱が戻ってきたように思います。
 


来週からいよいよ大会に復帰するので、右鞭一発で反応できるようにしておかないといけませんね☆

第2回 小中学生多摩王位戦のお知らせ

八王子将棋クラブで、春休み特別企画として子供大会が行われます☆


第2回 小中学生多摩王位戦

・日時 3月31日(火) 9時半受付、10時開始
・会場 八王子将棋クラブ
・階級 小学生低学年の部、小学生高学年の部、中学生の部
・会費 席料込み700円
・参加資格 平成27年4月新学年の小中学生 ※他県からの参加も歓迎です☆
・賞 ベスト4まで賞あり

・申込方法 
ハガキ 〒192-0081 東京都八王子市横山町5-13 渋谷ビル3階 八王子将棋クラブ
電話・FAX 042-645-5318(電話は月・水・金は13時~16時、土日祝は9時~16時の間にお願い致します)

・締切 3月28日(土)必着
・備考 通常は火曜日は定休日ですが、当日は正午より平日営業も行います!

 まだ少し空きがあるそうなので、是非ご参加お待ちしております!!

苦しみの先には成長がある

一時期プロ雀士として頑張ろうと思っていた時期もあった自分は、今でも何気に当時お世話になった方の成績をチェックしています。

 中でも最高位戦B1リーグで開幕ダッシュを決めた河野直也さんは、マジで応援しています。麻雀は運が絡むゲームですから将棋と違ってどんなに腕があっても手が入らずなにもできない時というのが必ずどこかであるので、スタートダッシュを決めて有利な戦いができる今期はビッグチャンスです。

 私はプロアマ混合の麻雀大会で優勝した事はありますが、リーグ戦を戦った事はありません。なのでリーグ戦の大変さを全く知らないので迂闊な事は言えませんが、前半戦でポイントを持っている人はかなり周りにマークされて打たれてしまう印象があります。

 将棋と大きく違う点として麻雀は4人でやるゲームなので、対戦相手の3人にマークされてしまうのは非常に不利です。この次の第2節が早くも勝負所で、ここの包囲網を突破できれば悲願のAリーグ入りも見えてきますよね!


 河野さんは私の一つ年下で、八王子のjangoで随分麻雀を教わりました。

 少なくとも私の将棋より、河野さんの麻雀の方が才能は遥かに上な気がします。ですが、河野さんは2期連続Aリーグ入りを最終節で逃していて、今まさに苦しんでいる。

 苦しみは投げ出してしまえば楽ですが、乗り越えた先に成長があります。私も三段リーグ編入試験に落ちてかなり将棋に対するモチベーションが下がっていますが、河野さんを見習ってまた頑張らないといけませんね☆

プロがプロとして勝ちにこだわった瞬間

電王戦は衝撃の結末となりましたね。こんな事あるのか(笑)
 

個人的に思うのですが、この将棋の内容からしておそらく将棋ファンの大半の方は手に汗握る激闘を観たかったはずです。
 

 将棋ソフトを作られている方の日々の苦労は物凄くわかりますが、正直電王戦に出るならこのレベルのミスはなくして欲しい、私はそう思いました。

 プログラマーの方は将棋のプロではありませんけど、研究家のあの永瀬さんが事前の研究でほとんど勝てていないという事は、将棋連盟は正式に言う事はないでしょうけど「もうそれはどう考えてもプロ棋士より強いソフト」という事は間違いないわけです。

 電王戦に出てくる素晴らしいソフトを開発されたプログラマーの方というのは、尊敬されるべきプロ同然の方だと思っていて、「勝とうが負けようがプロとして恥ずかしくない内容を見せる」というのが最低限の責務なのではないでしょうか。


 終了する直前の局面は普通に指していたとしても永瀬さんが勝っていそうとの事ですが、「とはいえ永瀬さんも人間なんだからまだ間違えるかもしれないじゃん」とも言えるわけです。おそらく持ち時間もかなりあるので間違えなかったとは思いますが、ゼロではない。だからこそ永瀬さんがきっちり勝つところを私は見たかったので、このような結末は物凄く残念でなりません。


 永瀬さんがソフトの死角を突いた行為は、恥ずかしい行為ではないはずです。将棋のプロというのは美しい将棋を指して勝つのがもちろん理想ではありますが、電王戦という舞台に関しては相手のソフトはやりたい放題何でもしてくるわけですし、美しい将棋を指して負けるぐらいなら美しくない将棋を指して勝つ方が遥かにプロだと私は思います。おそらくソフトのバグ狙い、又は持ち時間を削る為に永瀬さんは「不成(ならず)」を指したのだと思いますが、わざと不成を指した事により「美しくない将棋を指して負ける」というリスクも永瀬さんにはあったわけですし、そもそもルール違反でもマナー違反でもないわけですから寧ろプロとして「よくソフトの弱点を発見した」、そう感じました。


 とんでもない波乱が起きた電王戦第2局ですが、第3局の稲葉さん、角を成るのか注目です(笑)

好きだからこそ休む時

編入試験には落ちてしまいましたけど、もちろんだからといって将棋が嫌いになったわけではありません。

 嫌いになっていないという事は、また大会に出る、という事でもあるのかもしれませんが、とりあえず今週は休む事にしました。

 正直、前を向いていかなくてはいけないとはいえ、さすがに編入試験不合格は精神的に効きました。以前のようにほぼ毎週大会に出るのであれば優勝したいですし、将棋も治療も休んでいい事なんてないと思っていましたが、今回だけは休んだ方がプラスな気がするので休みます。



 一応4月5日(日)に福岡で行われる大会から始動する予定で、5月のレーティング選手権で連覇を狙ってまた頑張ってみようと思います。髪の毛は元通りになるまで時間がかかると思いますけど、テンションは4月になれば少しは変わるでしょ。


 最近は家で仕事をしながら、自由に過ごしています。

今後の活動について

読売3月16日

 
月曜日の読売新聞に、自分の記事を載せて頂きました。

 
 結果は残念です。残念ですが、人は辛い事があっても前を向いて生きていかなければいけません。


 
 今後どうするかは、未定です。やりきった感が強いのでプロへの再挑戦する意欲は今のところありませんが、以前のようにアマ大会に出るかどうかも含めて、未定です。因みに、因みに一応調べましたら、今週末に大会はあるみたいです(笑)

 ただ、どのみちプロ棋戦出場を懸けた大会はしばらくないので、仮にアマプレイヤーとして続けるにしても少し休んだ方がいい気はしてます。精神的なコンディションが悪すぎる。

 今回の編入試験は本当に全力で挑みましたし、人生の1つの節目な気もしているので、今年で30歳になりますしそろそろ普及活動に専念した方がいい気もしていますが、焦って決める必要もないと思うのでしばらく長考に入ります。

結果が全ての世界

本日行われた三段リーグ編入試験最終節ですが、1局目に負け、通算成績○●○●○○●の4勝3敗で不合格となりました。


 死力を尽くして戦っただけに、ただただ残念です。今日だけは勝ちたかった。


 たくさんの方に支えて頂きまして、本当にありがとうございました。今はショックで何も考えられません。

オリジナル体調管理

対局前日ぐっすり眠れるように、対局前々日に徹夜するのが天野式。

 因みにどうでもいいミニ情報として、以前対局前々々日から約50時間麻雀打って対局に挑んだ事がありましたが、前日ぐっすり眠れて爽やかな朝を迎えられたもののさすがに体調を壊しました(笑)

目指すものが違ったとしても

今週の日曜で、いよいよ三段リーグ編入試験が決着します。

 現在私は○●○●○○の4勝2敗で、6勝2敗で合格なので最終節でも連勝条件。もちろん1局目に負けた場合はその時点で失格なので、2局目はありません。


 以前も少し書かせて頂きましたが、私はどうしてもプロになりたい、というわけではありません。将棋と真摯に向き合える事ができれば、別にプロなんてなれなくたっていい。

 ただ、そこに強い人がいるなら挑みたいと思うし、挑戦する事によって結果はどうあれ新しいなにかを得られるかもしれない。そう思いながら、日々将棋と向き合って必死に頑張ってきたわけです。

 
 しかし、「別にプロになれなくたっていい」と思っている人が今回のような試験を受験するのは、やはりおかしい気がします。ルール違反をしているわけではありませんが本来そういう人の為に作られた制度ではないと思うし、とはいえどういう理由で受験しようが自分の自由だとも思うし。今回受験した事によって本当に色々と考えさせられました。


 周囲と目指しているものが違う中での対局でしたが、今回の編入試験で勝ち越す事ができたのは自分の棋力を考えればよくやったというか、今は真摯に将棋と向き合えている気がします。それはつまり、今の自分の将棋に対する考えが正しいかどうかはともかく、少なくとも間違ってはいないという何よりの証明だとも思います。


 結果が出れば尚いいんですけど、もうここまで来ると半分は運です(笑) 残り1日、悔いのないよう将棋と向き合う、ただそれだけが私の目標です☆

ねぎし

ねぎし

 病院食では牛肉が出なかった事もあって、退院してから牛肉に対する執着心が凄い(笑)

 [ねぎし]の牛タンを、米にとろろぶっかけてかきこむと最強。

読売新聞

読売坊主

日曜日の読売新聞に、私の記事を載せて頂きました!

 髪型が180度変わって、本当に自分なのか疑わしくなる時があります(笑)

香落ち???


 三段リーグ編入試験では全員二段の方と当たると思っていたのですが、先日の1局目では初めて初段の方と当たりました。
 
 
 二段の方がいないというわけでもないですし、なぜだったんでしょう。私としては誰でも同じだと思っているので(現役の奨励会員と当たる時点で分が悪いと思ってるから)、もちろん文句が言いたいわけではないです。ただ、わざわざ初段を当てる将棋連盟の狙いが正直よくわからない(笑) まさに謎。

 初段の方と当たった場合、まず振り駒(歩を5枚シャカシャカ振る)をします。そして「歩」が多く出たら平手(私は二段扱いと言う事で後手番)で、歩の裏に書いてある「と」が多く出たら私が香落ちという左側の香車を落とした状態で指すハンデ戦をやる事になります。


 振り駒でたまたま「歩」が出たので平手だったのですが、「と」が出ていたら香落ちだったので、もともと今回の試験に向けて対策なんてほとんどしていませんけど、香落ちはリアルに対策ゼロでしたw だって三段編入試験を関東で挑むにあたって二段の方が8~9人いれば、規定に書いてなくたって誰だって相手は全局二段だって思うでしょwww

 
 そして初段の方と指す事になったわけですが、千日手(引き分け再試合)になりました。そうするとここで問題なのが、「指し直しの手合いはどうなるか」という点です。

 しかしこれについては対局前に奨励会幹事の方から説明があり、「指し直しになっても手合いは変わらない」そうです。私は振り駒で平手になったので、実際本当に千日手になったわけですけど指し直しも平手で、何回指し直しになろうが手番もずっと後手です。

 奨励会の対局規定については私は過去に在籍していた経験もあるのでなんとなく覚えてはいましたが、今はどうなっているかとかよくわかりませんし、細かい事は気にしない性格なので「どうぞ」って感じでした(笑) 永遠に後手番だろうが香車がなかろうが、それによって仮に悪い結果になったとしても、将棋と真摯に向き合う事ができれば自分はそれでいいです。

 というまさかの出来事があったわけですが、もし香落ちになっていたらどういう戦法をチョイスしたのかは謎。自分が二段時代の香落ち成績は5割ぐらいだった気がするので、10年以上やってないから怖いけど面白そうだからやってみたかった気もする(笑)

全く似合ってない件はスルー

坊主

 人生初の坊主。

 元の髪型に戻るまで1年ぐらいかかるらしいので、気長に待ちたいと思います(笑)

連勝で最終節へ

 今日の三段リーグ編入試験第3節(5&6局目)ですが、連勝する事ができました☆ 1局目に千日手×2だったり、今回も熱戦続きで疲労もピークです。

 最終節は3月15日(日)。連勝した場合のみ合格という相変わらずの厳しい条件ですが、そもそもまさか最終節まで進めると思いませんでしたし、ここまで来たら悔いを残さずベストを尽くして頑張ります!

三段リーグ編入試験第3節とイメチェン

NHK「おはよう日本」は無事放送されました☆ ご覧になって頂いた方、朝早くからありがとうございます!

明日はいよいよ三段リーグ編入試験第3節(5局目&6局目)。

 私はここまで○●○●の2勝2敗。3敗すると失格なので、残り4局は全て勝たなければいけない非常に厳しい状態ではありますが、ベストを尽くして頑張りたいと思います!


 最近なんとなく頭が重いというか、きちんとした思考ができずこのままでは盤上でベストパフォーマンスを見せられない気がしているので、今日中に坊主にしたいと思います。

オール・インと、NHK「おはよう日本」のお知らせ

川崎競馬場で偶然遭遇した若手棋士のFさんとアマ強豪のH君。

 この日は勘が冴えていたのか私が絶好調で、3つのレース全て当たる。さすがガンが再発していなかっただけあって、ハズれる気がしない(笑)

 一方FさんとH君は、仲が良いのか共同馬券を買って勝負している。私の感覚からすると共同で馬券を買うというのは考えられないのだが、大した金額ではないし、2人の仲が良いという何よりの証明だろう。

 あるレースで、

F&H「なな!なな!!なな!!!」

 と完全にレボってる後方から強襲してきた7番の馬に対して絶叫(笑) からの長すぎる写真判定。

天「私の競馬史上、これが差していない事はないです。おめでとうございます」
H「震えてきた。もう同着でもいい」
F「川崎競馬で同着は見た事ありません」

 結果。

同着www Fさんちょっと悔しそう。

 最終レースを前にして、私は3戦3勝。競馬の神となった今、神が次に考えるべき事はなにか。

1、最終レースを「見」してプラスで帰る
2、最終レースで今まで通り同じ金額を賭ける(仮にハズれてもプラスは確定している)
3、最終レースでかなり堅い馬券を、今まで勝った金額全て注射
4、最終レースでかなりハードな馬券を、今まで勝った金額全て注射


 この中に最善手が必ずあるわけですから、順に考えてみる。

 まず、わざわざ川崎まで来て「1」だけはありえない。私は馬券のプロではないので楽しむ事が目的ですから、「1」を選ぶぐらいなら「2」を選ぶ。じゃ、迷わず2で・・・・・
 
っておい、天野、それでいいのか

 このあと2人と飲みに行く事を考えると、3で勝負して当たったらもっと良い物食べれるぞ(笑) どうせ元々負けると思って来たわけだし、ここは思い切って3か!!

っておい、天野、それで神と名乗れるのか

 仮に3で当たったとしても、まあ言うても行こうと思えば行ける店。では、万が一「4」で当たるとどうなるか妄想。

 
 「4」で勝負するという事は3連単を買う以外ないが、3連単には安目と高目がある。こういう時はイチイチ配当を調べるのは面倒なので、最安目だけ調べて勝負するかどうか決めるのが天野流。

 最安目はなんと20万(笑) こんな馬券当たる事ないと思うんですけど(笑)

 とはいえ今私は競馬の神となったわけですし、なによりも

「オール・イン」の著者ですから!(キリッ!) 絶賛発売中です、てへぺろ。


 と、色々熟考を重ねた結果、「4」で勝負。そしてレーススタート。

Fさん「3番持ったままじゃないですか、これはもう大丈夫です(私も今までそれなりに競馬を観て来ていますから、ええ)」
天野「あとは2着3着争いですね、ヤバいよ本当にホームラン炸裂しちゃうかも(うむ、やはり私は競馬の神)」



結果。

8着www(9頭立て) あ、負けました。最善手は1でした。



 ところで、明日3月6日(金)、NHKの朝のニュース番組「おはよう日本」で、私の三段リーグ編入試験に関する特集を組んで頂ける事になりました☆

 ニュース番組なので何時に放送するかは謎ですが(たぶん6時ぐらいと7時ぐらいの2回放送)、早起きされた方は是非ご覧になって下さい!!(>_<)

奇跡から始まる偶然の出会い

今日のPET検査の結果ですが、とりあえずセーフでした! 断定はできないそうですが、状況証拠的に再発していないと考えるのが自然、だそうです。まだ自分の体の中で異常がなにも起こっていないのは奇跡で、このままずっと続けばいいんだけど。。


 なにがともあれこれで無事三段リーグ編入試験に行ける事になったので、それだけでなによりです☆


 検査結果が一段落した後、ストイックに頑張るタイプでもないのに最近全く遊んでいなくて本来の自分らしくなかった(?)ので、一度少し気を抜きたかった事もあるし久々に川崎競馬へ行って来ました(笑) こうして現地に行ったのっていつ以来だろう、覚えてない。


 そこで待ち合わせもしていないのに、なんと若手棋士のFさんと最近アマ大会で共に切磋琢磨しているH君に偶然遭遇。


「これもなにかの縁ですね」という事で一緒に競馬をやる事になったのですが、ここからまさかの白熱の展開になるとは・・・(続く)  

全ての出来事に成長の要素はある

都名人戦優勝の余韻に浸りたいところなんですが、実は全然浸っている場合ではありません。

 なぜかというと、明日は3ヶ月に1度のPET検査の結果報告の日なんです。

 いつも思う事なのですが、「再発」って言われたら、もの凄く困る。次の治療法はどうするか、今回の場合だと三段リーグ編入試験はどうするか、など。いきなり入院ってケースもゼロではないし(実際1月には検査→即入院だったわけだし)、命が最優先なので明日言われてみないとその後の計画が立てられません。


 以前再発と言われた時に、肺に3つのガン細胞が転移していました。そして最新治療法と言われているサイバーナイフをしたわけですが、結果1つ除去して2つ残っている、現在はそんな状況です。

 ただ、サイバーナイフという治療法はすぐに結果がわかるものではなく、1年ぐらいかけてみないとわからない部分がたくさんあるらしく、2つ細胞が残ってしまったからといって「もう100%除去できない」という事でもないんだとか。

 もちろん細胞がどんどん肥大化していき腫瘍になって助からなくなるケースも十分あり得ます(っていうかその確率の方が今のところ高いと思う)。ですが、如何せんサイバーナイフという治療法は日本に正式に導入されてまだ3年ぐらいしか経っていないので、どう考えてもデータが少ないから「わからない」としか言いようがない。

 舌癌→再発→サイバーナイフ って道を歩んだ日本人って、ここ3年以内に舌癌になった人って限定されてしまうので、そうはいないはず。だからデータなんてあるわけないので、道を自分で切り開いていくしかありません。

 
 厳しい状況に変わりはありませんが、道を自分で切り開いていくという事は楽しい事でもあります。そしてどんな状況であろうとも、己を高める成長の要素というのは必ずあるはずです。


 だから仮に明日再発と言われてしまっても、それはそれで次の手段をどうしたらいいのか、楽しみながら考えていきたいですね☆

都名人戦優勝

都名人優勝2

 今日は御徒町将棋センターで、都名人戦本戦が行われました。16人のガチすぎるメンバーにより、負けたら即終了の一発トーナメント。

都名人優勝3

 結果はまさかの優勝で、東京制圧する事ができました。まだ実感が湧かないというか、信じられません。


都名人優勝1

 強い方と指しすぎて、完全に顔が引きつってますね(笑) この奇跡を、今度の土曜に行われる三段リーグ編入試験3日目でも起こせるよう頑張ります! 
プロフィール

Author:天野貴元
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。