fc2ブログ

表現の自由

今日は自分がプロ雀士を目指す上での麻雀観を書いてみたいと思います。麻雀はまだまだヘボなので、おかしいだろって思う事がありましたらどんどんコメント下さいね。勉強中なので、皆さんの意見お待ちしてます☆

 
 将棋も麻雀も同じ「ゲーム」なわけだけど、麻雀は将棋と決定的に違う点として「運が絡む」ゲームです。

 運が絡む以上、「どんなに麻雀が奥深いゲームだとしても、又どんなに強くなったとしてもプロがアマチュアに負けてしまう事がある」ゲームだろうから、単純に考えてプロの威厳を保つのは結構難しいゲームなんじゃないかって思うんです。

 そんな中でもプロ雀士と言われる方達が存在するわけだけど、プロと名乗るからには自分は「オリジナルな一打を打てるプロ雀士にどうしてもなりたい」んです。というか、将棋と比較して凄くオリジナル性を追求できるゲームなんだなって日々思うようになってきたので、だからこそ将棋でできなかった「オリジナル性を追求するプロ雀士」を目指してみたい。運が絡むゲームだからこそできるんじゃないかなって思う。

 具体的に言うと、土田浩翔先生とか素晴らしいと思う。七対子のイメージが強いけど、明らかに他のプロ雀士は選ばなそうな、どう考えても非効率なんじゃないかって思ってしまう一打を打ってる時がある。

 でもそれってきっと、「オリジナルを追求してるとこから生まれるプロ意識」なんじゃないかって自分の中で勝手に思ってるんだけど、この姿勢って素晴らしくないですか??? 追求しすぎて常時非効率な一打を打つようでは論外だけど、こういう姿勢って大事だなって自分は凄く思います。

 で、自分は何を追求しようかずっと考えていたんですが、

「大明槓(ダイミンカン)」をテーマにしたプロ雀士を目指したいと思います。カンはもともと好きだけど、誰もやらない大明槓に興味が出てきた。

 大明槓は非効率行為になる事が結構多い気がするから、発動するタイミングが難しいけど、いつか大明槓で奇跡を演じられるプロ雀士になれたらいいなって思う。

 って感じの思想が今の自分の麻雀観なんだけど、どうですか?やっぱイカレてるのかな(笑)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

天野貴元

Author:天野貴元
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR