fc2ブログ

アマ名人戦東京多摩予選 その4

ベスト8の将棋です。

アマ名17

 この戦型はお互い振り飛車の「相振り飛車」。私が四間飛車で相手は三間飛車です。

 私はとにかく序盤がヘタですが、珍しくA図でいい手を指した気がする。

 その一手は▲64歩。

 この手は将棋用語で「垂れ歩」っていう手筋なんですけど、この手を指したからと言って優勢になりました、とかではないと思います。ですけど、将棋って後々こういう垂れ歩が効いて来る事が多いんですよね。

 アマ名18

 B図は今私が▲85桂と跳んだところです。

 このようにお互いが端を攻める展開になってきた時、▲64歩△62歩の交換を序盤で入れた私の方が明らかに得をしています。ぶっちゃけ相手の王様、狭いですよね。ここまで天野、まさかの満点騎乗。これは楽勝か。

アマ名19

 少し進んでC図。正直この手の意味がわからなかった。とりあえず2秒で▲77角と引いて、以下△85桂▲59角△97香!!(D図)

アマ名20

 なにこの重い攻め。ん?▲88飛は△45歩がウザい。▲78飛は△66桂が両取り。▲68飛は△77桂成。・・・・・あれ?(笑) 

 待て待て待て待て。やらかしたーこれ逆転級じゃんwww あーC図で▲75角だったー。(それでも△45歩で結構大変な気がする) っていうかアマ強豪粘り強すぎですから!! 

アマ名21

 D図で勝負手気味に▲78飛△66桂▲79飛となってE図。

 ここで相手の方が△13角と指してきたけど、以下▲46桂△31飛▲67金と金が逃げられたので、再逆転したと思いました。E図でとりあえず△58桂成▲同金として、そこで△45歩とか掛かり気味に△77香とか、全然私自信ないです。

 一見時間を残して余力を残した快勝ぶってる顔してましたが、内心あまりの粘り強さに相当震えてました(笑) 私はレボリューションという名の切れ味専門家なので、こういった粘り強さは基本的にないので見習わないといけません。社会で粘り強く生きていく事を表現するお手本のような指し回し(笑)

 ここでお昼休憩。ありがてー、天野、もうエネルギー切れですwww 将棋指す時の昼はやっぱうどんに限る。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

天野貴元

Author:天野貴元
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR