fc2ブログ

常に進化する為に

病院

 最近調子こいた生活を送っていましたが、私は立派なガン患者です。昨日定期検査に行ってきまして、強力な抗癌剤をもらってきました。

 いよいよ来週の水曜から、再発予防の為この超強力な抗癌剤(錠剤)が始まります。どれぐらい強力なのかというと、

白血球減少→40~50%
貧血→40%
血小板減少→10%
食欲不振→30~40%
吐き気→20%
下痢→20%
口内炎→10~20%
色素沈着→20%
発疹→10%

 という感じです。一見10%がいくつかあるので大した事ないようにも見えますが、これだけ10%があるとどれかにブチ当たる可能性がありますし、ひどい場合は再入院。前回の抗癌剤(入院中・点滴)よりは強力ではないそうですが、基本的に抗癌剤の副作用は個人差があるので医者にもわからないそうです。因みに前回は白血球減少、食欲不振、吐き気の3つを喰らいましたね。特に食欲不振が凄くて、1週間なにも食べられなかったのが大変だったのは鮮明に覚えています。
 それと医者から言われて意外だったのは、「抗癌剤はキツかったら辞めるべき」らしい(笑) いいのかよ医者がそんな事言ってwww でもこれが最新の現代医療らしくて、とりあえず1回ゼンツで錠剤(又はカプセル、粉状)の抗癌剤やってみて、キツかったらそこまで無理してやるのは寧ろ悪手らしいので、そうなったらそこで次の選択肢を考えるらしいですね(弱い抗癌剤をやるとか、根本的に抗癌剤をやめるとか)。私はガン患者の中で年齢が若い方という事もあって、基本的にゼンツする一手って言われましたww 今まで無茶苦茶な生活を送ってきましたので、仮に今後無茶な治療を医者から要求されたとしても、償いの意味も込めて私は受けるべきだと思います(笑)

 思うんですが、将棋も麻雀もビジネスも医療も、常に日々進化しています。昨日行われていた将棋の王座戦で、かつて私も三段リーグで指した事のある中村太地さん(私のお見舞い飲み会にも来てもらいました!)が羽生さん相手に角換わりっていう戦法で勝っていましたけど、正直1年半もまともに将棋指していないと全然プロが指す手の意味が分かりません(笑)麻雀もルールが同じならある程度の棋力に達してしまえば限界のあるゲームだと思っている方が多いように感じますけど、対戦相手の人間性やその時の社会情勢で随分戦術は変わってきます。何事も勝つ為には自分自身が進化していく必要がありますよね。
 だから私はどんどん抗癌剤をやっていきます。最新を学ぶには例え副作用が凄いのが襲ってこようが薬が効かなかろうがある程度は仕方ないと思いますし、基本的に自分自身が体感しないと納得できません。
 2週間抗癌剤を飲んで1週間休息、というサイクルを1年やる予定ですので先は長いですが、頑張ります!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天野貴元

Author:天野貴元
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR