fc2ブログ

加古川青流戦アマ選抜大会 大転倒その3

加古川2(編)

 最後にこの将棋の1人感想戦をして、加古川の日記を終わりたいと思います。

 今思うと、勝負所はB図だったと思います。切れ負けルールとはいえ持ち時間もまだ大量に残っていましたし、ここでしっかり読みを入れてから指せば、この将棋は負ける事はなかったように思います。
 B図はパッと見た感じ、寄りだと思いました。しかも最悪寄らなかったとしてもここで▲17飛(変化A図)
加古川変化A編集

 とすればたぶん時間はかかるけど、安全勝ちできそう。この方がアマ大会での指し回しっぽいっちゃぽいですけど、寄りだと思ってそれを敢えて見送って安全勝ちするぐらいなら、将棋事業部なんて立ち上げません(笑)
 B図でなにも考えず▲26飛と指しましたが、指した瞬間「やべ、▲33歩△同桂▲24飛の方が良かったかも」って思いました。しかしこれは△23歩(変化B図)
加古川変化B編集

と打たれてみると、意外と大変なようですね。

 本譜でうっかりしたのが、B図以下▲26飛△25銀▲同飛△同歩▲23歩△同銀の時、▲33歩△22玉▲31銀で寄りだと錯覚してしまって、それって以下△13玉▲35馬△24香(変化C図)
加古川変化C編集

で寄りません。変化C図で▲34金と打っても、△48とで次の△39飛(王手馬取り)が痛すぎ。この錯覚にはさすがの私も激おこぷんぷん丸です。

 で、結論。B図以下▲26飛△25銀▲同飛△同歩に、当然先に▲33歩を利かして、△同桂▲23歩△同銀▲21銀△22玉▲12金△31玉(△同銀は▲同馬△31玉▲22銀以下詰み)に▲33桂成(変化D図)
加古川変化D編集

 で寄りだと思います。これならさすがの受け名人の古作さんでも無理のはずです(笑)
手順中、最後の▲33桂成で▲23馬と取りたくなってしまうけど、それは△43金で大変、と書こうと思っていたんですが、今眺めていて思ったんですけど、そこで▲41銀と打ったら受けなしに見えるwww なんだよなんでも勝ちじゃん!! 熱すぎるw

 来年は平日は真面目に働いて、休日は出る大会全部優勝目指してほんの少し将棋を頑張ってみようかなって思います。去年の今頃は将棋が嫌いでもう盤を見る事はないと思いましたが、人の思考なんてふとしたきっかけで変わるもんですね。プロを目指しているわけではないですが、なんとなく将棋熱が戻ってきた気がします。


 1年間頑張ってみて、なんにも優勝できなかったら諦めます(笑)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

天野貴元

Author:天野貴元
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR