fc2ブログ

ペアマッチ戦を振り返ってみる ①

 おかげさまでペアマッチ戦で優勝できました。普段私の将棋は弱すぎて載せる気がしないんですが、今回相方が指した手で凄く印象に残った将棋があったので、自分なりに解析しながら振り返ってみたいと思います。

LPペア3

 4局指しましたが、A図は確か2回戦の対局の途中図です。相手が急戦矢倉を選択し、こちらが受けまくるよくありがちな展開で現在△65歩と突かれ、今こちらの手番です。

 ここで我々のペアは私ではなく菊地さんのターンだったんですが(1手ずつ交互に指すルール)、次の菊地さんが指した手に、「あ、なるほど。この人やっぱ才能あるわ」って思いました。手の広い中盤の難所ですが、成銀の存在が大きくやや優勢と思われる現局面で皆さんはここでどう指しますか?
 因みにここで菊地さんが指した手は、あとで1人で考えてみましたが最善ではないのかもしれません。ですが、間違いなく「強い人が指す手」です。

 このようにペア戦では、自分が見えていなくても相方が勝手に良い手を指してくれる事があるんです(笑) 菊地さんとは付き合いが長くどんな手を指しそうかとかはだいたいわかりますが、正直次の手は見えていなかったのでこういう手を指してくれると、精神的に楽でした。もちろん逆に勝手に悪手を指されるというパターンもありますが、そういう局面って自分が指すターンだったとしてもどうせ同じように悪手を指しますからねwww 菊地さんとは棋風が全く違くて感覚は合わないんですが、将棋の質は私の方がどう考えても低いので、割り切って菊地さんの将棋スタイルに合わせたのが良かったんだと思います。懸念された仲間割れも起きませんでしたw

 ペア戦は単純に強い者同士で組めばいいというわけではないと思いましたし、得意不得意分野がはっきり違うという事を考えると、正直私と菊地さんのペアはガチで人類最強かもしれませんね(笑)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天野貴元

Author:天野貴元
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR