fc2ブログ

将棋うんちく王、熱弁

今日は久々に、将棋の技術論を熱く語りたいと思います。


 最近どんな戦型でも指す、オールラウンドプレーヤーが増えてきたように思います。因みに私もそうです(ただ何も勉強していない上に序盤にそこまで興味がないからという理由ですけどw)。

 一昨日、昨日と行われていた王将戦第4局では、渡辺さんがゴキゲン中飛車を採用していましたね。渡辺さんはあまり変化球を投げるタイプではない居飛車党ですので、かなり意外に感じました。

 結果は一方的な展開で負けてしまいましたが、今のプロは後手番で指す戦法がなさすぎてレパートリーを増やそうとしてるのを明らかに感じます。番勝負ですから負けてもそこまで痛手を負わないし(しかも渡辺さんが1勝リードしてるし)、タイトル戦は持ち時間がたくさんあるから色々考えまくれる。試すならここ!!って思ったんでしょうね。

 「将棋の最善」がいくつもあるわけないので、レパートリーを増やす、というのは本来不自然な行為かもしれません。ですが今のところはプロ棋士にもコンピューターにも発見されていませんし、これからトッププロで活躍していくには、オールラウンドプレーヤーになる事によって「良い意味でごまかす(特に後手番の時)」時代が近づいてきているように感じます。

 あの渡辺さんが大舞台でついに飛車を振ったんですから、やっぱオールラウンダーになった自分の考えは間違っていなかったんだなって思ったと同時に、なんでいち早く気付いていたのに遊び狂ったんだろ、って軽く後悔してます(笑)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天野貴元

Author:天野貴元
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR