fc2ブログ

今後の治療方針について ①

 残りの時間をなにもしないで楽しく過ごす、というのも1つの人生だとは思いますが、私はダメもとでもう少し粘る事にしました。考えた結果、いくつかの方法をやってみようという気になりましたので、未来のガン医療に繋げるために少しでも貢献できるように頑張ります☆

 まず第一に、抗癌剤です。

 私の出した結論は、「今の抗癌剤を継続」です。今の抗癌剤をやって再発しているわけですから意味ないだろ!!って思うかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。なぜなら、「やっていなかったらもっとガン細胞が肥大していた可能性がある」から。つまり、治すために抗癌剤を継続するのではなく、食い止めている可能性が否定できないので引き続き継続する、という事です。もちろん全く効果がないだけ、という可能性もあるので、その場合抗癌剤を「やり損」という事になってしまいますが、どちらの可能性もある以上、たまに副作用が出て気持ち悪くなるぐらいの現在の抗癌剤ならやった方がいいのではないかと思いました。

 実は、今回非常に厳しい状態という事で、MAXの抗癌剤をやるという選択肢もありました。というか定跡通り指すならこの最強クラスの抗癌剤をやるみたいなんですが、凄く悩んだ結果、これは断らせて頂きました。
 この抗癌剤を仮に使用した場合、世界的なデータ上延命は間違いないようです。ですが、現在の私の状況から考えて、抗癌剤というのは基本的に根治を目指す治療ではないですから、最終的には死ぬわけじゃないですか。その死ぬまでの道程が、「とても諦めずに頑張ろうという人が選ぶ選択肢ではない」と思いました。

 具体的に言うと、1年かけて6発抗癌剤を点滴で注入。前回私が点滴で抗癌剤を注入した時は確か2発(各1時間)喰らいましたが、問題なのは注入される時間と破壊力。
 
 最強クラスの抗癌剤を1発に注入される時間は、な、なんと・・・・24時間!! ×6(笑) 定跡信者の天野も、これはさすがにドン引きしました。今までの抗癌剤とは全く比較にならないので、しばし長考。

 さらに担当医の先生は正直に話してくれましたが、「2発目あたりでギブする人は結構いる」らしい(笑) 年齢的なアドバンテージはあるはずなので2発目でギブする確率はそこまで高くはないんでしょうけど、やるなら6発やらないと意味ないでしょうし、やってる過程で皮膚はボロボロ、前回の3倍~5倍の臓器の衰弱。ハゲたりする事は男ですからそんなに気になりませんけど、そもそもちゃんと6発喰らってゴールできる自信が、正直全然ない。

 
 これをやったら、もう当分仕事はできないし当然将棋も指せません。とはいえ根治する前提という事なら死ぬ覚悟でやると思いますが、数ヶ月(推定)の延命の為にやる事ではない気がしました。前回の点滴抗癌剤ですら喰らってから1週間、ぐったりして寝たきりだった事を考えると、根拠は全くありませんが私の場合は「この橋は渡っちゃいけない橋」のように感じています。


 長文になってしまいましたが、以上の理由から現在の抗癌剤を今後も継続という考えに至りました。ここまでは今までと何ら変わりませんが、明日からいよいよ「新手」を放っていきたいと思います☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

天野貴元

Author:天野貴元
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR