fc2ブログ

CPUに勝つ方法

電王戦FINALの出場者が決まったようですね☆ 私が小学生の頃から戦ってきた、阿久津さんと村山さんが出ます。

 阿久津さんとは生涯で1万局、村山さんとは生涯で200局ぐらい指しましたかね。数えてないけど、たぶん天野から見て勝率2割ぐらいかなー。村山さんとは家と年齢が近かっただけで意外と指していませんが、それでも小学生大会の決勝で当たったり(その時は天野勝ち!)、三段リーグで当たったり(この時点で、もはや手合い違いの圧敗www)。

 特に阿久津さんは、ほぼ勝てないのではという前評判の中で良く出る意思を表明したというか、男らしいなって思いました。大将は一番強いCPUと指すわけですから、過去には三浦さんと屋敷さんというバリバリのトップ争いしている棋士が既に負けているわけですし、仮にギャラが良くても負けたらカッコ悪すぎるから本来出たくないでしょ(笑) 


 阿久津さんは今年からA級に入り、はっきり言ってフルボッコにされています。やはり甘くないんだなーというか、自分が幼少期に戦っていた人がこういう感じでボコられる姿を見るのは、結構ショックです。

 しかしそんな状況下でも、めげずにというかCPUとの対戦を表明したわけですから、是非勝って欲しいです。トップ棋士としてのプライドはあるとは思うけど、今までと同じような考えで指してもまず勝てないと思うので、事前に貸し出されたソフトを使い徹底的に研究して、A級の残留争いと最強CPUという2大大勝負を制して欲しいです。

 
 事前に貸し出されたソフトを徹底的に研究しなければ勝てないというのは、棋士、特にトップ棋士にとっては屈辱的な事だと思います。トップ棋士ぐらい強くなってしまえば、人間同士で指すと結構「出たとこ勝負」でなんとかなってた部分は多かったと思うし、相手の脳みそをカンニングしているようなもんですから。相手の弱点を見つけなければ勝てないというのも、なんというか「ハメてる感」みたいな、セコい感覚になってしまうと思うし。

 
 ですけど、そういうのは恥ではないんだと、出場棋士には思って欲しいなって自分は思います。又、将棋ファンの方も、そういうのがセコいとは思わないで観て頂けたら嬉しいです。

 相手はCPU、歩がぶつかって仕掛けが始まれば、ミスする事はありません。人間とは違うんです。

 そういう相手に勝つ為には、どんな方法を駆使してでも序盤でリードする以外にありません。私はこの数か月で「CPU将棋うんちく王」になる為に市販のCPUと結構指して自分なりにデータを採取しましたが、だいたい勝率は3%ぐらいでした。

 
 私が3%という事は、当たり前ですがプロ棋士は私より全然強いので勝率はもっと高くなる。自信を持って断言しますが、

 本気で研究すれば必ず勝てます!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

天野貴元

Author:天野貴元
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR