fc2ブログ

日本シリーズ感想戦


日本シリーズは、あっけない幕切れでしたね。しかし冷静に考えると、ソフトバンクが優勝するべきです(笑) 阪神はよく頑張りました。

 しかし1年の最後が守備妨害ってwww 本来なら巨人が出るべきシリーズだったわけで、巨人ファンの人からしたら「負けるにしても納得いく負け方しろやゴルァ!!」って話。最終戦となった第5戦を、天野目線で振り返りたいと思います。将棋もそうですが、棋力向上の為には感想戦が大事。

 まず、9回表の攻防までは別に阪神に大悪手はなかったような気がします。バテてるメッセンジャーを引っ張りすぎて8回に1点取られてしまいましたが、今年1年はメッセンジャーのおかげで楽しめたようなもの。誰だってマウンドから降りたくはないだろうし、メッセンジャーが「ワシは降りんぞ」って空気を醸し出したら、はいどうぞって話です。もし変えるならオ・スンファン以外の選択肢はないと思うけど、前日サヨナラホームラン喰らってるし、どちらも一局といったところですよね。


 問題はここからです(笑) 9回にソフトバンクの抑えでサファテが出てきて阪神は形作りに入るわけですが、最近不調なのかサファテが自爆。フォアボール3つで1アウト満塁になりました。因みに唯一の1アウトが愛しの鳥谷さんの三球三振という件は華麗にスルーwww

 
 この激熱スーパーリーチに打席に入るのが西岡選手。しかしここから、阪神が3手連続で悪手を指したように私には見えました。

 まず1つ目の悪手。確かに西岡選手はメジャー経験のある、信頼と実績の一流選手。ですが、まずここは「和田監督が直々に西岡選手に声をかけるべき」だったと思います。
 なんでもいいと思うんですよ。「任せるから」とか、「スクイズのサインは出さないから」とか。あれだけサファテが暴走モードに入っているわけだからスクイズなんていう選択肢はありえないのはみんなわかっちゃいるし、声なんてかけなくたって西岡選手ぐらいのバッターになれば冷静に打席に向かえるでしょう。ですが、だとしても行って声をかけるのが「勝負の鉄則」だったと思う。
 なぜなら、万が一ゲッツーなら1年が終わるから。正直1年が終わるかもしれない場面では、仮にゲッツーという大惨事が起きるにしても監督にビシッと締めて欲しかった。

 そして2つ目の悪手。カウントが3ボール1ストライクになり、ソフトバンク絶体絶命の大ピンチ。ここで奇跡のゲッツーによりソフトバンクが日本一になるわけですが、あれだけサファテが大乱調だという事を考えれば一球「見」する手は当然あるわけです。
 当然そんな事は素人の私だってわかるんですから、プロ野球選手は百も承知です。ではなぜ打ちにいったのかというと、それはこの状況では「150%ストライクボールがくるから」なわけで、それを打ちに行くというのもまたセオリーの1つ。だからその行為自体は別に悪手ではなかったと思うんですけど、

「打つなら飛ばせよ」

 って話です。この状況は将棋で言うと、「たぶん詰んでる、でも秒読み。しかし詰まさなくても勝てそう」。そしてここで絶対にやってはいけないのが、「全部読み切ってないけど、たぶん詰んでるからGO!」で、散々相手に駒を渡したあげく万が一詰ませられなかったら、もう後戻りできないわけです。それなら気持ちを抑えて、たぶん詰んでるけど断念して駒を渡さず詰めろをかける、ぐらいに留めておくのが、勝負のセオリーってもんです。

 西岡選手は詰ましに行き、そして詰まし損ねた。ヒットで2点、外野フライで1点、うっかりいいとこに飛べば足が割と速いから内野ゴロでも1点、打ちに行った結果内野フライ&三振ならやむなし。
 しかしピッチャーゴロだけは、どういう変化になっても1点入る道がない。というかそもそもピッチャーゴロになるって事は振り遅れてるんだから、あれだけの一流選手、ましてDHとして出てるんだから「飛ばせないなら振るなよ」って話です。
 西岡選手だけを責めるのはかわいそうだけど、正直一流選手だから責められても仕方ないと思う。そしてさらに追い打ちをかける3つ目の悪手(敗着)。

 それは、ピッチャーゴロになってしまった後の西岡選手の行動。

 誰だってミスはあります。ですが、意外と敗着はその後にあったりするケースも将棋ではよくある。

 守備妨害でフィニッシュという阪神にとって歴史的最悪の結末を迎えるわけですが、それ自体は仕方がないと思う。わざとやったわけじゃないんだし(笑)

 しかし、「最後のお願い」というか形作りで、西岡選手は一塁ベースめがけてヘッドスライディングするべきだったと思う。

 近年ヘッドスライディングは、怪我の元と思われる事が多いから減ったみたいですけど、ここで自分がゲッツーになったら1年が終わってしまう。しかも自分の凡ミスのせいで。
 その人にもよるんでしょうけど、普通に猛ダッシュするより、一塁めがけてヘッドスライディングした方が一般的に考えてほんのちょっと速いように思う。
 もちろん怪我のリスクを考えれば普通に猛ダッシュするのが最善だと思うけど、仮にもし怪我をしたとしても、よほど重傷でない限り来年の3月までに復活すればまたゼロから野球ができるじゃないですか。自分に対する信頼感とかも含め、そういうのを全部天秤にかけて考えたら、甲子園球児ばりのヘッドスライディングをする一手だと私は思いました。スーパー結果論だけど、そしたら守備妨害にならなかったのかもしれないし。

 西岡選手は、今年怪我から始まった1年。そんな人にヘッドスライディングしろなんて、本来なら無茶苦茶な話。ですけど、だとしてもダイブして欲しかったなー。。。

 でも阪神は本当によく頑張りましたよね☆ 来年はCS&日本シリーズで手に入れた、本来入るはずのなかったお金でオリックスの金子選手をこっそり引き抜いて、メジャーから藤川さんを呼び戻して。投手陣をA級棋士で固めて欲しい(笑)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

天野貴元

Author:天野貴元
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR