fc2ブログ

facebook パート2

局面1

先日の日記の続き。今日の日記には符号が出てきますが、算用数字→漢用数字の順番です。(例、9一なら左隅)
 
 この局面、自分だったら
①▲3五歩
②▲5五歩
③▲5九金左
 かなという勘のもと、この3つの中から絞ります。
...  まず、将棋の基本的なセオリーその1、「飛車を攻めに使わなければ話にならない」っていうのがあります。飛車は攻め駒のエース、野球で言えばダルビッシュ、AKBで言えば大島優子。使わずして勝とうなんて、損です。
 という事はこの局面に関して言うなら、どのみち飛車の前にある歩を伸ばす▲35歩から勝負していく事になる、この感覚が超大事です。
 確かに相手は今△6四飛と回ってきたわけですから、次に△6六角▲同角△同飛と攻める狙いなのは間違いありません。ですが、だからといってここで▲6八飛や▲5七銀としてしまうと、一番大事な▲3五歩から攻める、という事ができなくなってしまいます。
 ▲6八飛や▲5七銀は指さないという事は、いつ▲3五歩と攻めるか、というタイミングの問題。もちろん絶妙なタイミングで攻めるプロ的思考はあると思いますが、私は▲3五歩から攻めようとする思想で指してるなら、それは全て正解でいいんじゃないかなって思います。基礎が間違ってない証拠です。
 ①の▲3五歩。いきなり潰してやろうという思想、正解です。
 ②の▲5五歩。これは△6六角▲同角△同飛は嫌だけど、▲3五歩は指したい、みたいな。だから1回▲5五歩と突き捨てて、それから▲3五歩、って思想。これも正解です。
 ③の▲5九金左。これは守備的な手なので思想が違うんじゃないかって思うかもしれませんが、これはどういう事かというと、△6六角▲同角△同飛とされた時、▲69にいる金が次に取られてしまいます。さすがに金はタダであげたくないので、今先に▲5九金左と逃げておいて、△6六角▲同角△同飛とされた時先に逃げた効果で金取りになっていないので、そこで▲3五歩から攻めてやろう、という思想。やっぱり最終的には▲3五歩から攻めようという意図のある手なのでこれも正解となります。
 因みに私は②の▲5五歩を選びましたが、もちろんなんにも読みは入っていないので、これが私の基礎ができた上での適当に指す「勘」です。皆さんもオリジナルの勘ができると、もっと将棋が楽しくなると思いますよ☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天野貴元

Author:天野貴元
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR