fc2ブログ

プロがプロとして勝ちにこだわった瞬間

電王戦は衝撃の結末となりましたね。こんな事あるのか(笑)
 

個人的に思うのですが、この将棋の内容からしておそらく将棋ファンの大半の方は手に汗握る激闘を観たかったはずです。
 

 将棋ソフトを作られている方の日々の苦労は物凄くわかりますが、正直電王戦に出るならこのレベルのミスはなくして欲しい、私はそう思いました。

 プログラマーの方は将棋のプロではありませんけど、研究家のあの永瀬さんが事前の研究でほとんど勝てていないという事は、将棋連盟は正式に言う事はないでしょうけど「もうそれはどう考えてもプロ棋士より強いソフト」という事は間違いないわけです。

 電王戦に出てくる素晴らしいソフトを開発されたプログラマーの方というのは、尊敬されるべきプロ同然の方だと思っていて、「勝とうが負けようがプロとして恥ずかしくない内容を見せる」というのが最低限の責務なのではないでしょうか。


 終了する直前の局面は普通に指していたとしても永瀬さんが勝っていそうとの事ですが、「とはいえ永瀬さんも人間なんだからまだ間違えるかもしれないじゃん」とも言えるわけです。おそらく持ち時間もかなりあるので間違えなかったとは思いますが、ゼロではない。だからこそ永瀬さんがきっちり勝つところを私は見たかったので、このような結末は物凄く残念でなりません。


 永瀬さんがソフトの死角を突いた行為は、恥ずかしい行為ではないはずです。将棋のプロというのは美しい将棋を指して勝つのがもちろん理想ではありますが、電王戦という舞台に関しては相手のソフトはやりたい放題何でもしてくるわけですし、美しい将棋を指して負けるぐらいなら美しくない将棋を指して勝つ方が遥かにプロだと私は思います。おそらくソフトのバグ狙い、又は持ち時間を削る為に永瀬さんは「不成(ならず)」を指したのだと思いますが、わざと不成を指した事により「美しくない将棋を指して負ける」というリスクも永瀬さんにはあったわけですし、そもそもルール違反でもマナー違反でもないわけですから寧ろプロとして「よくソフトの弱点を発見した」、そう感じました。


 とんでもない波乱が起きた電王戦第2局ですが、第3局の稲葉さん、角を成るのか注目です(笑)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

天野貴元

Author:天野貴元
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR