fc2ブログ

障害者の未来

ニュースを見て初めて知ったんですが、国会議員の方の中には障害者がいないんですね。誰か1人ぐらいいると思っていたので、意外でした。

 障害者に対しての風当たりは、随分良くなっているように思います。確かにまだまだ差別的な目線で見られる事はありますが、良くはなっている。医療技術の発達に伴い障害者の方が増えるのは当然の流れで、おそらく10年前と比較して障害者という存在がより身近な存在になったのではないでしょうか。

 今、世の中で障害者の方が働けない職種なんてないはずです。ですが、確かに政治家としてやっていくのはかなりハードルが高いかもしれません。

 なぜなら、選挙活動が大変すぎると思う。少なくとも言語障害の私が仮に政治家を目指す場合、スピーカーで大声出したところで何言ってるかわかんない。ボードみたいなのを使うにしても、目の前にいる数人の人にしか伝わらないし、そもそも障害者用のボードが公職選挙法に抵触するのでは?的な報道が最近あったぐらいだから(なんで?)、ボードを使えるのかどうかすらわからない。これではとてもじゃないけど、自分が世の中に伝えたい事が正しいかどうか以前に、まともに伝えられないケースが多いはずで健常者の候補者に太刀打ちできるわけがないんですよ。

 ですけど、障害者が頑張っているからという事で投票してくれる方も正直たくさんいらっしゃるでしょうし、政治家としてやっていくなら場合によっては障害者であるという事が「武器」にもなり得るはずです。ですからそこは甘えてはいけないというか、どうやったら選挙活動がスムーズに行えるかどうか、国などに頼らず障害者の方自身で考えていかなければいけない部分なのかもしれません。

 私は政治家には・・・・なれないでしょうね。今でこそ全うに生きているものの、ほじくり返されたらヤバい事が多すぎます(笑)


E点ネット塾

バーチャル英会話教室
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

天野貴元

Author:天野貴元
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR