fc2ブログ

本当にあったリアルに怖すぎる話 2

手術が終わって数日経ってICUも脱出して一般病棟に戻ってきたある日。

なかなか眠れない。まあチューブはだいぶ取れたとはいえまだあったし仕方ないけど、その時だった。

ピクッ!

ん?なんだ今の。

パチパチパチッ!!

目が急にパチパチしたり、足がピクッと動いたり。まあ色々ありすぎて心身共に疲れてるから、とりあえず早く寝よう。

が、次の瞬間、驚愕の事態に。

ガン!!ガン!! ガン!!

なんと手が勝手に動き出して、脇の手すりに強くぶつけだす。続いて足も。脳は正常だけど体が突然暴れだして、終いには口の中に手を突っ込んで吐血。

慌ててナースコールを押したけど、だんだん意識が飛んできて、目を閉じてないのに見えなくなってくる白目痙攣状態。

あの時は本当に怖かった。全身麻酔の話もそうだけど、脳と違う行動を体が取る事ほど恐ろしい事はない。

結局看護士さんが3人ぐらいで自分の体を抑えつけて落ち着くのを待って同時に止血して、体が現実に戻ってきた。


今でも寝る時怖いけど、あれ以来全く痙攣は起きてない。体が勝手に暴れだすとか、とりあえず助かって良かった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

天野貴元

Author:天野貴元
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR