fc2ブログ

麻雀の話

以前も書きましたが、麻雀は発声するゲーム。
 声がモゴモゴしていて何言ってるかほとんどわかりませんけど、私生活ではボードを持っていればまあなんとかなります。将棋も話せなくたって指せる。ですが麻雀だけはゲーム中に発声しないといけないゲームなので、どうしても相手に聞こえないと困ります。
 私はうまく話せないという障害を持っているわけですし、プロと混合の大会に出たりしたら多少その点はわかってくれるとは思います(点数を言う時ボードを使ったり)。ですけど一般的に麻雀の大会というのは1半荘ごとに時間制限が設けられていて、自分がいちいちボードを使ったりする事によって時間がどんどん減っていき、周りに迷惑をかけてしまう可能性がある。だから戦う以上は限りなく健常者の方と変わりなく打てる状態で出る必要があります。
 今リハビリで、麻雀でよく使う用語の発声練習をしています。リーチ、ツモ、ロン、ポン、カン、チー。ラ行とタ行は言えないのでもの凄くハードルは高いですが、それっぽく聞こえるよう頑張っているところです。他にも点数申告の発声練習もしていて、300・500や2000・4000や5800など様々なパターンをやっています☆ 発語障害を持っている人が数字をきちんと発声できるようになるのは大変みたいですが、そんな事言っても麻雀は数字のゲームなのでやるしかありません。

 麻雀に限らず勝負事全般で言える事だと思いますが、「障害を持ってるから負けても仕方がない」とは言われたくないんですよね。麻雀が打てないほどの障害というわけではないですし、健常者の方と同じフィールドで戦って勝ちたい。その為のリハビリ。

 結構良くでてくる上にめんどくさい発声としては、本場がついてて「1600・3200は1700・3300」とかですかね。言葉が長いとやっぱ大変。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

天野貴元

Author:天野貴元
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR